活動のご報告

2016.3.18
「第二回認知症治療研究会」において、当法人代表理事・長尾和宏先生が発表を行いました。

3月13日(日)、パシフィコ横浜で行われた「第二回認知症治療研究会」において、当法人の代表理事・長尾和宏先生が、「『抗認知症薬の適量処方を実現する会』の調査に関する中間報告と課題について」の報告を行いました。会場には医師、コ・メディカル、介護者、患者さんご家族等500人以上の方が参加し、当法人の活動に関心をお寄せいただきました。

会場内には、同日開催された横浜マラソンに負けない熱気が溢れました

会場内には当法人のブースを設け、これまで皆様からいただいた抗認知症薬の増量によると思われる事例をまとめた資料をお配りいたしました。参加された方の多くが列を作って当法人のブースにお並びいただきました。

  • 用意した資料はあっという間に配り終えてしまいました

  • 8月21日(日)には集計データの報告会を行います。
    皆様の参加をお待ちしております。
    (詳細は追ってお知らせいたします)

    このページの先頭へ